ポーカーのスターティングハンド表を大会優勝者が解説!勝率アップ!

ポーカー
この記事は約6分で読めます。
この記事でわかること

①スターティングハンドとは何か?
②強いスターティングハンドとは?

ポーカーでは、プリフロップで各プレイヤーに2枚のカードが配られます。


この2枚のカードのことをスターティングハンドと言います。

スターティングハンドはプレイヤーだけのカード。誰にも見られません。

ここでは、スターティングハンドの強さやアクションの基準について解説していきます。

オンラインの大会(PokerStars)で1位になったときの写真です!

スポンサーリンク

スターティングハンド表の見方を紹介(ヘッズアップ)

初めに、スターティングハンド表の見方を紹介したいと思います。

引用:各種ハンドHU勝率表 | Poker Press

例えば、AとAが重なっているところは「AA」のハンド。エースが2枚のハンドです。

その中の数字は「ヘッズアップでの勝率」となっています。

リンパ―
リンパ―

簡単に言えば、「1対1の勝率」のこと。
ヘッズアップはこの記事で解説しています!

あくまで1対1ですので、大体の目安だと思ってください。

スターティングハンドの種類を紹介

スターティングハンドの2枚で作られる組み合わせは、以下の通りです。

スターティングハンドの組み合わせ

①ポケットペア
②コネクター
③スーテッド
④スーテッドコネクター
⑤ギャッパー
⑥プレミアハンド

それぞれのスターティングハンドについて、詳しく解説していきます。

スターティングハンド①ポケットペア

簡単に言えば、「配られた2枚でペアが完成した状態」です。

リンパ―
リンパ―

スターティングハンドでペアが完成した状態。
強いハンドの一種です。

ランクの高いペア(AA~TTまで)を持っていると強い。しかし「22」のようなランクの低いペアは信頼できません。

ポケットペアを持ったときの戦略

かなりランクの低いポケットペア(22、33等)以外は、基本的にゲームに参加します。

スターティングハンドによって戦略の方針が異なります。

スターティングハンド別の戦略

①ミドルポケットペア(66~88)
→早期決着を目指す
②強いポケットペア(絵札、AA)
→ゆっくり戦い利益を最大にする

ミドルのポケットペアは簡単に逆転されるため、早期決着を目指します。

逆に、強いポケットペアはじっくりと戦い多くの利益を獲得します。

弱いポケットペアもある

ローポケットペア(22~55)は、実は強くありません。

相手にもペアが完成していたら勝率はほぼ0%ですし、スリーカードにならないと勝負できません。

相手の状況次第では、フォールドも考えます。

スターティングハンド②コネクター

例えば、「7と8」のように、数字がつながっている2枚をコネクターと言います。

スターティングハンドの中では、ストレートが狙いやすいです。

ストレートが完成すれば相当強いハンドです。爆発力を秘めています。

コネクターを持っているときの戦略

スターティングハンドのコネクターは、ストレートが完成しやすい。

しかし、ストレートが完成しなければ雑魚です。

リンパ―
リンパ―

ストレートに頼ると、痛い目を見るでしょう。

例えば、「KQ」というハンドを想定します。

スターティングハンドで狙える勝ち筋

①ワンペア
②ツーペア
③ストレート

強いハンドであれば、勝ち方が3つ用意できます。

ストレートが完成しなくても、他の立ち回りで勝率を上げることができます。

一方、スターティングハンドは「23」だったら?

リンパ―
リンパ―

弱いコネクターでは、ストレートしか勝ち目がありません。
できるだけランクの高いハンドで、コネクターは作りたいですね。

スターティングハンド③スーテッド

スーテッドは、同じ柄の2枚で構成されるスターティングハンドです。

同じ柄のスターティングハンドだと、フラッシュが完成しやすいです。

リンパ―
リンパ―

ただ、フラッシュは相手にバレやすい。
相手にバレると、稼げない・・・涙

相手に狙いがバレやすいのが難点ですが、爆発力を秘めたハンドです。

スーテッドを持っているときの戦略

スターティングハンドでスーテッドを持ったときは、大きく2つの方針があります。

スーテッドの方針

①フラッシュはバレやすい
→大きく稼げない
→早期決着で確実に勝つ!

②フラッシュは強い
→できれば稼ぎたい
→粘って利益を最大化!

スーテッドはフラッシュが完成すれば強いですが、完成しなければ雑魚です。

リンパ―
リンパ―

フラッシュ狙いで粘ることは、リスクが大きいアクションです。

①は早期決着、フォールドも早い段階で行うためリスクはすくない戦略です。ただ、大きく稼げない。

スターティングハンド④スーテッドコネクター

スーテッドでありながら、コネクターのスターティングハンドです。

ストレートとフラッシュの両面待ちができるため、役の完成が期待できます。

リンパ―
リンパ―

役が完成する確率は高いですが、100%ではありません。

スーテッドコネクターを持ったときの戦略。

スーテッドコネクター、実は普通のスーテッドやコネクターに比べて勝率が2~4%しか上がりません。

リンパ―
リンパ―

意外と強くないんだな、これが。

100%信頼できるスターティングハンドではありません。強いハンドではない。

役の完成が見えなければ、フォールドしたほうが得だったりします。

スターティングハンド⑤ギャッパー

ギャッパーとは、例えば79やAQのように数字のランクが一つ空いたスターティングハンドです。

リンパ―
リンパ―

基本的にストレートを狙うハンドだね。

ストレートが狙える点でコネクターと似ています。

しかし、ストレートが完成したときに相手にバレにくい。ギャッパーのメリットです。

スターティングハンド⑥プレミアハンド

超簡単に言うと、むっちゃ強いスターティングハンドのことです。

リンパ―
リンパ―

AA~TTのポケットペア
AK~AJまでがプレミアハンドです。

このスターティングハンドです。ただ、プレミアハンドの範囲は個人差があります。

プリフロップの段階では1番強い可能性が高いため、強気に立ち回りましょう。

自分がプレミアハンドを持っているときの戦略

プレミアハンドの考え方

①プリフロップ段階では99%最強
②フロップで役が完成したら勝負!
③全力で稼ぐハンド

スターティングハンドがプレミアハンドの場合、自分が最強だと思ってOK。

フロップで役が発展するなら、全力で勝負しましょう。

リンパ―
リンパ―

スロープレイでチップを稼ぐのもおすすめです。
スロープレイは記事で解説しています。

スターティングハンドを学べば、オンラインカジノで勝てる

今回紹介したスターティングハンドを理解することで、オンラインカジノで儲けることができます。

リンパ―
リンパ―

オンラインカジノは知識のない養分プレイヤーが多い。
だから、少し勉強すれば簡単に稼げるってわけ。

毎月の小遣い、少しの贅沢、資産形成。副収入として、オンラインカジノを始めてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました