「ダサいジーパン」を卒業しよう。ジーパンコーデ3つのコツを解説。

ファッション
この記事は約15分で読めます。

私たちのファッションに欠かせない、一度は履いたことあるのが「ジーパン」

ファッションに100%必要なアイテムですが、一部からは「ダサい」とも言われています。

だらしない男性がジーパンを履いていると、ダサいよね・・・

今回は「カッコいいジーパン」コーデを解説します。

ダサいジーパンは、今日で卒業しましょう。

ジーパンがダサいわけない!けど、下手なコーデだとオタクっぽく見えるんだ。
ダサいジーパンの履き方には注意しよう。

結論から言えば、リーバイスの511を買っておけば問題ありません。色はお好みですが、暗めの色で。

結論

①定番、一生ものが欲しい!
→リーバイスの511(色は暗め)

②トレンド感が欲しい!
→ワイドデニムパンツ

スポンサーリンク

「ジーパン」とは?概要と歴史を解説。

そもそも、ジーパンとはどのようなアイテムなのでしょうか。

簡単に言えば、ジーンズ、デニム生地で作られたズボン、パンツのことをジーパンと言います。

デニムパンツ、ジーンズとも言われます。ゴールドラッシュのアメリカで、

炭鉱での作業で簡単に破けない、丈夫なズボンが欲しい!

という願いを叶えたズボンでした。当時はジーパンが作業着だったんですね。

「ジーパン」の特徴を解説。

現代のジーパンは、流石に炭鉱労働者の作業着ではなくなり、カジュアルファッションを代表するアイテムとなりました。

1950年代ではアメリカの若者に大流行したため、「アメリアの若者の象徴」とされていた時期もあります。

とはいえ、今ではジーパンは全世界で履かれています。

全世界で愛用されるアイテムが、ダサいわけがないんだよな~
ジーパンはダサくない!

アイテムの特徴としては、「かなり砕けたカジュアルファッション」でしょうか。

また、安物と高級品の区別がつきにくいのも特徴の1つです。
(見る人が見れば、区別はつきます)

結婚式や成人式のような式典ではなく、普段着として活用するアイテムです。

ダサいジーパンコーデの特徴とは?

全世界で親しまれているジーパンですが、適当に着てしまうとダサいコーデになるのも事実です。

特にジーパンは「オシャレな人」も「ダサい人」も使うズボンなので、ファッションの上手い下手が簡単にバレます。

ださいジーパンのファッションの特徴を紹介します!

ダサいジーパン①丈がダボダボでだらしない

40~50代のおじさんが町中でやっていそうな、ダボダボジーンズのコーデ。

丈がダボダボだと清潔感も何もなく、「キチっと感」「ドレス感」がないため簡単にダサくなります。

だらしない恰好は、どんなイケメンでもイメージダウンです。整ったコーデを心掛けましょう。

ダボダボのジーンズは昭和のおじさん感が漂い、時代遅れな雰囲気。
今すぐにやめましょうね。

ダサいジーパン②過度なシワ、ダメージ加工、色落ち

過度に加工されたジーンズも、清潔感0のダサいコーデになってしまいます。

上のジーパンはドルチェ&ガッパーナのジーンズみたいですが、これを見て「カッコいい!」となる人はいますかね・・・

加工しすぎなジーンズも時代遅れのアイテムです。

着こなしが本当に難しいので、シワ、色落ち加工が激しいアイテムは避けるのが無難です。

上手に使えばヴィンテージ感漂う大人の男ですが、99%ダサいおじさん確定です。

ダサいジーンズ③過度な腰パン

腰パンは、ズボンを通常より低い位置で履くファッションのテクニック(?)です。

若者の男性がやるファッションで、「ジーパン×腰パン」はアリがちなファッションです。

ただ、正直ダサいです。だって足が短く見えるんだもん。

着崩しとしてはアリかもしれないけど、脚が短く見えるのが致命的すぎる・・・

上の写真はジャスティンビーバーのジーンズコーデですが、腰パンだと脚が短く見えますよね。

外国のイケメンでも脚が短く見えるのに、日本の一般人がやってもスタイル最悪でダサいです。

ジーンズ×腰パンはダサいファッションなので今すぐやめましょう。

カッコいいジーンズコーデの特徴とは?

ダサいジーンズの特徴についてはお話ししましたが、カッコいいジーンズコーデとは、どのようなコーデなのでしょうか?

これから説明しますね。

ジーンズは丁寧には着こなせば男っぽくて本当にカッコいい!
女子ウケ抜群のコーデを解説します

カッコいいジーンズ①細いシルエット

出典:ジーンズの新たな定番。リーバイス511が大人の着こなしにハマる | メンズファッションマガジン TASCLAP

丈がダボダボ、シルエットがダサいとカッコ悪いジーンズコーデになりがちです。

そこで、細身でシルエットが細いジーンズを選ぶと、簡単にカッコよく見せることができます。

細めのシルエットはスタイルが良く見えるので、オシャレに見えやすいのです。

画像のように、自然な細身ジーンズは大人っぽくてカッコいい。
革靴を合わせているのもポイントで、上品なコーデになっているよ。

野暮ったさ、だらっとした感じがなく、洗練された印象です。

トレンド感なら「ワイドシルエット」

ちなみに、トレンド感を押し出したいなら「ワイドシルエット」のジーンズもオススメです。

大切なのは「ワイド」です。中途半端に太いジーンズはダメ。

出典:ノータックデニムワイドストレートパンツ[品番:JRDM0008246]|JUNRed(ジュンレッド)のメンズファッション通販|SHOPLIST(ショップリスト) (shop-list.com)

このくらいゆとりのあるジーンズだと、ビックシルエットになりトレンドを抑えたコーデになります。

一歩間違えると、ダボダボのだらしないジーンズになるので注意です。

カッコいいジーンズ②加工なし

出典:リーバイス 511 LEVIS SLIM FIT スリムフィット スリムフィットテーパード スリムテーパード MID VINTAGE ミッドヴィンテージ セール,人気SALE : 赤字超特価,送料無料 (neetido.shop)

基本的に、ジーンズに無駄な加工はいらないと思ってください。

加工があればあるほど、カジュアルで子供っぽい印象になります。

落ち着いたカッコいいファッションを目指すなら、加工なしのジーンズが1番です。

自然な色落ちやシワは味が出てカッコいいけどね。最初から加工されているのは違う。

シンプルにまとまる加工なしジーンズをはきましょう。

カッコいいジーンズ③サイズ感に注意する

出典:失敗しない、大人のジーンズの選びと着こなし | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト

ジーンズをカッコよく見せるためには、サイズ感が超大切です。

基本的にはピッタリサイズのジーンズを選びましょう。ダボダボのジーンズはダサいです。

大人っぽいコーデを作るなら、ジャストサイズ一択です。

下の画像で、ハーフクッション~ノークッションを目安にサイズを選んでください!

出典:決定版-白衣ズボンを裾上げしたいなら | 洋服直し事例などお直しコラム (onaoshicom.jp)

結論:ジーンズはカッコいい

以上の3ポイントを守れば、カッコいいジーンズコーデが完成します。

そして、上の3ポイントがすべてそろっているのが「リーバイス511」なのです。

ここで大切なのは、加工なしで暗めの色を選ぶこと。

カッコいいジーンズコーデで、大人ファッションを始めましょう。

ジーンズはダサくないけど、「コーデ」がダサいと無意味

ジーンズはダサくないのですが、結局のところ「コーデ」がダサいとすべてが無意味になります。

リンパ―
リンパ―

カッコいいコーディネートができたら、苦労しないんだよね・・・

そう思っている方も多いでしょう。その通りです笑

リンパ―
リンパ―

全身コーディネートできて、安っぽくないカッコよさ。
それを実現できるサイトがあるんです!



それが「メンズファッションプラス」マネキン買いができるので簡単カッコいいコーデが完成します。

リンパ―
リンパ―

シンプルなアイテムのコーデが多いので、ジーンズとの相性も抜群!
ジーンズが使われているコーデもあるよ!

ファッション初心者ほど、最初はジーンズだけでなくコーデ一式で買うのを強くお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました