テキサスホールデムポーカーのトーナメントの流れを初心者向け解説!

勝つためのテクニック
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ポーカーのトーナメントは、キャッシュゲームと異なる点がいくつかあります。

キャッシュゲーム

①非常に安定している
②レートと実力で稼げる額は決まる
③一撃性はゲームの流れによる

トーナメント

①やや不安定
②ラッキーパンチがあり得る
③一撃で稼げる額は大きい

キャッシュゲーム(通常のゲーム)では、

・同じ相手
・同じレート
・同じ場所


で長時間ゲームを続けます。始めるときも、やめるときも自分次第。

一方、トーナメントはキャッシュゲームとゲームフローが違う点が多々あります。

大会優勝経験のある私が、トーナメントの流れと戦略を解説します。

スポンサーリンク

トーナメントの流れ

トーナメントの流れ

①エントリー
②ポーカーをプレイ
③大会終了

チョーざっくりと流れを解説すると、上のようになります。

大会にエントリー

まずはトーナメントに参加することから始めましょう。

カジノハウスでも、オンラインでも、何かしらの方法でエントリーをします。

エントリーの手続きをしなければ大会には参加できません。

キャッシュゲームは自分の気分で、いつでもゲームを始められますが。

流石に大会では無理です。まずは大会参加費をはらって、エントリーです。

テーブルに座り、プレイ

大会が始まったら、いよいよポーカーをプレイします。

プレイする人数や時間等は大会のレギュレーション(規則)によって変わるのですが、基本的な流れはだいたい一緒です。

キャッシュゲームとの違いを踏まえつつ、解説していきます。

戦うテーブルは選べない場合もある

キャッシュゲームと違う点、1つ目。

テーブルは選べない場合も

特にオンラインでのトーナメント、小規模だとテーブルが選べない場合が多い気がします。

テーブルが選べない場合、いきなり強いプレイヤーとの戦いになってしまう可能性があります。

キャッシュゲームであれば、弱いフィッシュを狙い撃ちできるのですが、テーブルを選べないと対戦相手は運ゲーです。

途中でテーブルが変わる

トーナメントでは、途中でテーブルが(ほぼ)変わります。

というのも、トーナメントは脱落するプレイヤーがいるため、参加人数がだんだんと減っていくからです。

人数が減ったテーブルでプレイを続けることは困難ですから、勝ち残ればテーブルを移動することになります。

レートが変わる

キャッシュゲームでプレイ中にレートが変わることは100%ありえません。

しかし、トーナメントでは一定時間ごとにレートが高くなっていきます。

これは単純に、プレイヤーを脱落させるためですね。

キャッシュゲームと同じ感覚でプレイしていると、ステークスが高くなって強制的に脱落する可能性があるので注意を!

2~3日間ある大会も!

大規模なトーナメントでは、2~3日に分けて大会が進行されるものも存在します。

1日目が予選、2~3日目がメインイベントといった感じです。

当然、長時間の大会では昼休憩があったり、ディナーがあったり。

ポーカーは長期戦なのです。

大会終了

途中で脱落するor最後まで勝ち残り、大会は終了します。

順位によって、賞金をもらいます。もちろん、序盤で敗退してしまった場合は賞金が出ません。

優勝しなくてもOK?

「トーナメントで優勝」これが一番ベストです。誰もが目指す場所でもあります。

ただ、優勝にこだわる必要はありません。賞金が出る順位まで生き残れば、プラス収支ですからね。

なお、賞金が出る順位まで生き残り、賞金が確定することを「インマネ」と言います。

優勝を目指して、賞金を逃してしまうと意味がない。まずはインマネを目標に頑張ってみるのも良いでしょう。

序盤で負けても…?

なお、大会には負けたとしても、もう一度エントリーできる「リエントリー」という制度があります。

もちろん、リエントリー制度がないトーナメントもありますし、そもそも1回の参加で賞金を獲得できるのがベストですがね。

何回か参加できることで多少保険になります。

2回参加費を払う必要があるので注意!

再度エントリー手続きをするため、2回参加費を払う必要があります。

リエントリーするからには、上位に残らなければマイナス収支が確定です。

トーナメントで勝つためには?

以上がトーナメントの流れでした。

ここから先では、

紹介すること

①大会特有の戦略
②賞金獲得のためのテクニック

を紹介していきますが、内容量が膨大で記事内に収まりませんでした。

次の記事で紹介していきますね。トーナメント優勝者のテクニックを、余すことなく盗んでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました