テキサスホールデムポーカーのブラフを初心者向けに徹底解説!

初心者向けルール解説
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ポーカーのブラフとは、

ブラフ

①相手より強いハンドを主張して、相手をフォールドさせる
②結果的に、チップをゲットする

というアクションのことです。

ブラフはポーカーで最もドキドキする反面、失敗すると痛い目を見る行動です。

ブラフで失敗しないための知識を、ここで身につけましょう!

スポンサーリンク

ブラフのやり方

ブラフのやり方は単純です。

掛け金を
多くする!

これだけです!

相手に強いハンドを持っていると信じ込ませるために、強気のプレーを行います。

「弱いハンドを持つプレイヤーは、強気の金額を賭けない」

この基本的な考えの逆を突きます。

相手には、あなたの手札が見えません。あなたが大きい金額を賭けたとしたら、どう思うでしょうか?

相手のハンドは
強そうだ

こう思うはずですよね?

結果として、相手はフォールド(降参)します。

そして、あなたがチップを獲得するのです。

これがブラフの狙いです!

ブラフの種類

そして、ブラフには大きく分けて2種類あります!

ブラフの種類

①ピュアブラフ
②セミブラフ

それぞれ説明します!

ピュアブラフ

簡単に言えば、「絶対に負けている場面でブラフすること」です。

ピュアブラフの場合には、勝つ筋が一つしかありません。

ピュアブラフの勝ち筋

①相手をフォールドさせること!

相手を降参させなければ、99%負けます。

ぶっちゃけ
危険です

初心者の方にはオススメできないブラフの種類ですね。

私の場合、相手のハンドが弱いと確信できたときにピュアブラフを行います。

セミブラフ

簡単に言えば、「現時点では強くないが、強くなる可能性を秘めたハンドで行うブラフ」です。

このような手札を「投機的なハンド」とも言います。

投機的なハンドの例

①あと一枚でフラッシュ完成
②あと一枚でストレート完成
③現状ペアが完成、スリーカードを狙う

このようなハンドでブラフを行います。

セミブラフでは、勝ち筋が2パターンあります。

勝ち筋

①相手をフォールドさせる
②強いハンドを完成させる

「相手が降りなきゃ負け」のピュアブラフと比べると、セミブラフはトランプカード次第で普通に勝てる可能性もあります。

初心者の方でも、すぐに取り組みやすいブラフだと思います!

ブラフをやってはいけないタイミング

ブラフは上手に使うと効果的ですが、下手に使うと自分のチップがどんどん減ります。

そのまま負ける可能性も…

ブラフをしてはいけないタイミングを紹介します!

ブラフがダメなタイミング

①相手が超初心者のとき
②自分のハンドが信頼されていないとき
③相手が何があっても降参しないとき

相手が超初心者の時

相手が超初心者で、本当にルールを何もわかっていないプレイヤーに対しては、ブラフをする必要がありません。

ブラフはテクニックの一つです。使わないで勝てるときもあります。

あなたのハンドが信頼されていないとき

例えば、あなたが頻繁にブラフを行うプレイヤーだとしましょう。

積極的に相手を欺き、チップを手に入れています。

そんなあなたを、他のプレイヤーはどう思うでしょうか?

また
ブラフか?

こう思うはずです。

あなたのハンド、アクションは段々と信頼されなくなります。そして、ブラフが見破られるのです。

「見破られているブラフ」ほど、弱い手札はありません。

だから、ブラフは程々にするのが良いのです。

相手が何があっても降参しないとき

ブラフは「相手を降ろすこと」でチップを得る戦略です。

だから、相手が降りない状態ではブラフの価値がなくなります。
(この状態をポットコミットと言います)

降りない状況とは

①オールイン
②チップの半分以上を賭けている
③ヤケクソになっている等々

このような相手には、ブラフをしないのが賢明です。

結論:上手にブラフを使おう

以上がブラフの解説です!

ブラフは効果的に使うと、チップを得ることができます。しかし、下手に使ってしまうと想像以上に損害が出てしまいます。

上手にブラフを用いて、勝率アップを目指しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました