テキサスホールデムポーカーのリンプインとは?3つの弱い理由!

勝つためのテクニック
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

「リンプイン」と言う言葉をご存じでしょうか?

簡単に言えば、誰もレイズしていない場面でレイズせず、コールすることです。

単純にこれだけのことですが、一般的には悪手とされています。初心者の方は特に間違うアクションです。

トーナメント優勝経験のある私リンパ―が、

リンプインが弱い理由

①弱気なアクション
②チップ獲得量が減る
③勝ち筋が少なくなり、勝率が落ちる

詳しく解説します!

スポンサーリンク

リンプインの具体的シチュエーション

リンプインは、誰もレイズしていない場面でレイズせず、コールすることです。

具体的なケースを想定してみましょう。

あなたはレイトポジションにいます。ハンドはA8のオフスートだとします。

今、あなたの前にアクションするプレイヤーがブラインド額ピッタリにリンプインしたとします。

あなたは自分のハンドを中途半端だと思い、前のアクションにあわせて、同じ額を賭けました。

これがリンプインです。

前の人(今までかけられている額で最大の額)と同じだけチップを賭けてゲームに参加します。

リンプインは弱い?その理由3種類!

ただ、このようなリンプインは一般的には弱い手とされています。

その理由は簡単にまとめれば、

リンプインが弱い理由

①弱気なアクション
②チップ獲得量が減る
③勝ち筋が少なくなり、勝率が落ちる

です!

弱気すぎる!

一般的にコールは弱気なアクションです。

相手と同じ額を賭けるということは、相手に歩調を合わせるということ。

自分の強さは
主張していません

つまり、どういうことが起こりうるか?

弱気なアクションがダメな理由

①相手を威圧できない
②逆に相手が調子に乗る

ポーカーは相手を欺くトランプゲームです。

弱気なアクションでは、相手を欺き、だまし、チップを得ることができません!
(あえて弱気にプレーをすることもできますが…)

逆に相手に騙されて、勝てるゲームも落としてしまう可能性があります。

だから弱気なプレーはダメなのです。

基本は強気にプレーをして、時々弱気に見せることで相手をだまし、大きなチップを得ましょう!

チェックレイズのリンプイン

上述のように、リンプインは弱気なアクションでした。

これを逆手にとって、あえて強い手札でコール、チェックといった弱気なアクションをして相手を騙すプレイを行うこともできます。

(極端ですが)具体例を挙げます。

あなたはAAを持っています。1対1のヘッズアップです。

フロップで落ちたカードはA36。相手がベットをしてきたため、あなたは「あえて」コールをしました。

リバーで落ちたカードはJ。フラッシュも完成しないカードでした。相手プレイヤーはコールをするあなたが弱いと考え、3倍のベットをしてきました。
(あなたが弱気だから引き出せたブラフ)

そこで、あなたがオールイン。相手プレイヤーはあなたのオールインに対応できずフォールド。

結果、あなたは大量のチップを手にすることができました!

これを「チェックレイズ」と言います。
(正確には亜種ですが、狙いはだいたい同じ)

このように、リンプインは基本悪手ですが、逆に利用することもできます。

チップを獲得できない!

仮に強いハンドを完成させたとしても、弱気なプレーではチップを獲得できません!

リンプインするということは、チップを少額しか賭けないのと同義です。

チップを少額しか賭けないということは、貰えるチップの量も少ないということです。

弱い手札の時なら良いのですが、強い手札の場合は話が違います。

強いときは
大量のチップを稼ぎたい!

勝利したときの期待値も低くなってしまう。

リンプインが弱い理由が、少しずつわかってきたのでは?

リンプインで大量にチップを稼ぐ方法は?

リンプインは上述のように、チップを稼ぐことができません。

しかし、時と場合によってはリンプインを活用して多いチップを獲得することもできます。

ちょっと極端な例で考えます。

あなたがアーリーポジションだとしましょう。

ハンドは88。あなたは(あえて)リンプイン。COとBTNがコール、BBがチェックでフロップに。
(全員弱気なアクションです)

フロップで落ちたカードは238。スリーカードの完成です。ここ、オールインでも良いのですが、

オールインしない理由

①プリフロップで全員リンプイン=全プレイヤーが強くない?

②ここでオールイン=①の考察から、全員フォールドする可能性

③全員フォールドでも勝ちだが、もっと儲けたい!

と言うことで、リンプインしたあなたは、そのまま弱気にチェックで回します。

ここでBTNがブラフ気味に3倍のベット!
(全プレイヤーが弱いとみてブラフ)

あなたは8のスリーカードが完成しているため、ここでオールイン!
(コールで弱気についていっても良いです)

BTNは罠に引っ掛かり、敗北。結果として、最初からオールインするより多くのチップ数を得ることができました。

このように、リンプインを上手に使ってチップを得ることも可能です。

勝率が落ちる!

リンプインでは、勝率が落ちます!

「本当かよ?」と思う方。ガチです。
その理由を解説します。

突然ですが、ポーカーの勝ち方のは2種類あるのをご存じでしょうか?

ポーカーの勝ち筋

①自分のハンドで勝つ
②相手を降ろして勝つ

基本的にはこの2種類の勝ち筋があります。状況によって①か②か、両方か判断してアクションを行います。

そして、リンプインは弱気なアクション。自分の強さを主張せず、相手に威圧感は与えない。

つまり②の勝ち筋が薄くなってしまいます!

結果として、勝率が悪くなってしまうのです。上述のように、勝利したときのチップ量も減るのに勝率さえも低くなってしまう。

リンプインが弱い理由、わかったでしょうか?

結論:レイズで参加しよう!

以上で解説は終わりです!

リンプインの弱さが理解できたでしょうか?

もちろん場合によっては
リンプインが有効な時も!

リンプインで参加しないなら、どうするか?

単純です。レイズで参加すればよい!

強気のレイズで参加することで、相手をフォールドさせてスティール(チップをただで奪い取ること)の可能性も生まれます!

3~4倍の額でレイズして参加するのが基本です!

今日から弱気なポーカーは卒業しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました