【初心者必見】ポーカーのリバー戦略で強くなる立ち回りを解説!

スポンサーリンク
初心者向けルール解説
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ポーカーのリバーでは、5枚目のトランプカードがテーブルに開かれます。ターンの後に行われます。

ターンについてはこちら。

これ以上、カードが開かれることがありません。その後、強くなることも弱くなることもありません。

リバーで完成した役で勝負する。あなたにできるのはそれだけ。

文字通り最終決戦です。だからこそ難しい。

テキサスホールデムの大会優勝者である私リンパ―が

・基本方針は?
・リバーでのアクションは?


解説していきます!

スポンサーリンク

基本は現状維持

難しいことは書きません!

基本は現状維持です!

というのも、

判断理由

・プリフロップ
・フロップ
・ターン
・アクション履歴
・癖(テル)

リバーまでに判断材料はたまっているからです。

相手の強さはすでに把握済みのはずです。上級者ほど、リバーでミスをしません。

いくつか具体例を挙げ、基本方針を確認します。

ナッツハンドを持っている場合

ナッツハンドとは、簡単に言えば最強のカードです。

参加者の中で一番強いハンドをナッツハンドと言います。

ナッツハンドを持っている場合は、できるだけ多く稼げるように工夫しましょう!

稼ぐ工夫

①ちょっと少なめの金額をベット
②ブラフに見えるようなベットをする
③相手のブラフを引き出すようなチェック

簡単に書きました。ほかにもあります。

ナッツハンド=100%勝利です。チップを多く稼ぐことだけに集中しましょう。

微妙な強さの場合

自分のハンドが微妙な強さだとします。絶対にダメなことが1つ。

ベットをするな!

微妙な時はベットをしてはいけません。

リバーはこれ以上、ハンドの進展がありません。もう強くならないのです。

無意味なベットはやめましょう。傷口を広げないことが重要です。

弱いハンドの場合

あまり考える必要がない局面です。

というのも、弱いハンドで最後までゲームに参加することはありえないからです。

たいてい、どこかでフォールドします。リバーまでプレイしません。

ただ、何かの事故で弱い手札で参加したとしましょう。

絶対フォールド!
ブラフはしない!

リバーでのブラフは効果が薄めです。

もしブラフをするなら、

ブラフの条件

①最初から強さを主張している
②中途半端なベットはしない覚悟

この2つが絶対条件です。

結論:読みの強さ=リバーの強さ

以上がリバーの解説です。

リバーでの行動はプレイヤーの技術が出ます。リバーでミスをしない人が、上級者です。

あなたも勝率アップして、上級者の仲間入りを目指しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました