ポーカーのフロップ戦略で強くなる立ち回り!【初心者必見】

スポンサーリンク
初心者向けルール解説
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ポーカーのフロップでは、テーブルに3枚カードが開かれます。詳しくはこちら。

この段階で5枚のハンドが揃います。一応、役が完成です。

手札の強さがだいたい見えてくるのがフロップです。故に重要な局面です。
どのようなアクションを取るべきか、難しい局面でもあります。

トーナメント優勝者の私が、

・フロップで考えること
・アクションの基準
・具体的な戦略、方針


これらを解説していきます!

スポンサーリンク

フロップで何もできない=負け

有名ポーカープレイヤーのT・J・クルティエの言葉を借ります。

フロップで何もできなければ終わりだ

上述したように、フロップでハンドの強さがだいたい決まります。

要はフロップでアクション出来ないようなハンドでは勝てないってことです。

ブラフでもかまいません。まずはアクション出来る(したい)ハンドかどうか、判断しましょう。

これを応用させることもできます。

注目ポイント

①相手プレイヤーがフロップで行動しない
②プリフロップでレイズ、ベットしたプレイヤーがフロップで消極的

このような状況は、相手を攻めるチャンスです!

フロップでアクション出来ないプレイヤーは、弱いハンドを持っている可能性があるからです。

強気の立ち回り、戦略で攻めたほうが良いです。

相手の強さを確認しよう!

自分の手札以上に注意することがあります。

それは「相手の手札」です。相手をよく観察しましょう。

観察ポイント

・相手のアクションは?
・相手のハンドレンジは?
・相手のプレースタイルは?
・プリフロップから相手の行動に矛盾がないか?

自分の手札が弱かろうが。相手を降ろせば勝てます。

相手を観察しましょう!

私が観察するタイミング

私が観察する順番は、下記の通りです。

順番

①プリフロップでの反応
②フロップでの反応
③アクションまでの時間
④自分のハンドを確認

自分のハンドを確認するのは、1番最後です。

先入観を
持たないために

変な想像、妄想が膨らんでしまうと、正しい戦術を行えません。

確率、オッズアウツ、期待値にのっとった、勝率の高い立ち回りを心掛けましょう。

あくまで私の順番ですから、参考程度に。

相手のアクションは?

相手はどんなアクションをするでしょう?

ベットしてきたなら強いでしょうか?チェックなら弱いでしょうか?

いや、チェックは罠かもしれません。ベットはブラフの可能性も…

アクション一つで考えることは、これだけあります。

相手のアクションを判断し、戦略を立てましょう。

相手のハンドレンジは?

アクション判断のために、ハンドレンジを知る必要があります。

すなわち、相手はどのハンドで参加してくるか?という話。

相手のハンドレンジが広ければ、弱い手札でも参加してきます。ブラフの可能性が高いです。

一方、ハンドレンジが狭ければ相手の行動を信じて良いかもしれません。

では、どうやってハンドレンジを推測するか?

その方法がこちら↓

相手のプレースタイルは?

ここでプレースタイル読みがさく裂します!プレースタイルについては下記の記事を参照!

タイトプレイヤーの行動は信頼できる…?
ルーズプレイヤーはブラフが多いかも…?

プレースタイルを読むことで、相手の強さを推測できます。

相手の戦い方、戦略を読むことで、自分の戦術に生かすことができます。

相手の行動に矛盾がないか?

上級者向けですが、相手の行動に矛盾を見つける方法もあります。

矛盾の例

・急に考え込む
・強気なプレイヤーがいきなり弱気になる

流れがおかしいと思ったら、相手の行動が矛盾しているサインかも!

見逃さずに、攻め切りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました