【ルール解説】ポーカーの6種類のアクションを大会優勝者が解説!

ポーカー
この記事は約6分で読めます。

ポーカーでは順番が来ると「アクション」を行うことになります。例えば、

アクションの種類

①フォールド
②チェック

ベット
④レイズ

⑤コール
⑥オールイン

これらのアクションです。ただ、「どんなアクションをすればいいんだろう?」と思う方も多いのでは?

今回はそんなポーカーのアクションについて、

・アクションの意味
・アクションをするべき状況


を徹底解説します!

オンラインの大会(PokerStars)で1位になったときの写真です!

スポンサーリンク

フォールド

フォールドは簡単に言えば「降参」です。チップを賭けず、ゲームからは降りるという意味です。

フォールドした瞬間、そのゲームには
参加できなくなります。

相手に負けていると思えば、ゲームに参加する意味がなくなるのでフォールドします。一番簡単なアクションですね。

トーナメントや強いプレイヤーと戦う際には、「自分が強い手札を持っていても冷静にフォールドできるか?」がキーポイントになります。

冷静にフォールドすることが大切です。

フォールドするタイミング

簡単に言えば、「負けていると思ったらフォールド」これでOKです。コツは特にありません。

フォールドしたら
そのゲームには
二度と参加できません

この点だけ注意して、フォールドしてください。つまり、フォールドしてしまったら、最終的なハンドで勝っていても「負け」です。

チェック

チェックは簡単に言えば「様子見」です。チップを賭ける量は増やさず、ベットをします。

自分より前のプレイヤーがチップを賭けていないとき、または自分と同等の額のチップを賭けているプレイヤーがいるときに使うアクションです。

例えば、自分の前にアクションするプレイヤーが100ドルベットしたら、同じく100ドルをベットする。これがチェックです。

フォールドと違うのは、「降参」ではないということ。あくまで様子見で、同じ量のチップをベットすることで、ゲーム続行の意志は見せています。

様子見なので、アクションとしては
非常に弱気です。

弱気に見せておいて、相手を釣る罠の役割を果たすこともありますが、基本は多用しないアクションですね。

相手に弱みを見せたくないからです。特に私は使いたくないですね。

チェックするタイミング

チェックの場面

①そこまでハンドが強くない
②自分を弱く見せたい(相手を騙す)
③とりあえずの様子見

上述のように、私はチェックを多用しません。

自分の強さを
主張できないから

要はチェックって、「勝ちに行く行動」ではないんですよね。自分から良さ、ポイントを奪いに行く行動ではない。

とりあえずの様子見って意味が強いです。「あなたに主導権を譲りますよ」というメッセージ。

これを逆手にとって、相手を騙すこともできます。「私は弱いよ~」→「実は強いよ!」って感じ。

ただ、ベットやレイズよりも慎重に使わないと、主導権だけ握られて勝率が落ちる可能性もあります。注意!

ベット

ベットは簡単に言えば「勝負」です。チップを賭けることですね。

ベットする価値のある手札
=そこそこ強い?
可能性

チェックに比べ、強気な行動になります。勝ちに行くアクションと言えるでしょう。

私がゲームに参加するときは、基本ベットから入ります。チェックは90%使いません。

勝負するからには強気に立ち回って主導権を握りたいし、ベットすることで相手がフォールドする可能性もあります。

ベットするタイミング

ベットのタイミング

①強いハンドのとき
②主導権を得たいとき
③相手を降ろしたいとき(ブラフ)

ベットは「勝ちに行く」行動です。自分の強さを主張し、積極的にチップを得ようとする行動です。

負けてしまったら、賭けたチップ分を損をしてしまうリスクある行動とも言えます。

ただ、このリスクを承知で勝負しなければポーカーで勝つことは難しいでしょう。

勝てるポーカープレイヤーは、適切なタイミングでリスクを取るものです。
適切なタイミングでベットしましょう。

レイズ

レイズは簡単に言えば「俺強いよ」宣言です。チップを賭ける量を増やして、ベットをすることです。

賭けるチップの量を上乗せしているため、相当強気なアクションになります。レイズしたプレイヤーは強いハンドを持っていると思ってよいでしょう(ブラフの可能性もあります)

また、レイズされた額にさらにレイズするのを「リレイズ」と言います。

レイズするタイミング

レイズのタイミング

①強いハンドのとき
②主導権を得たいとき
③相手を降ろしたいとき(ブラフ)

基本的にはベットと同じですが、レイズはさらに強気です。よって、ベット以上にリスクを背負う行動でもあります。リスクは大きいですが、勝った時のリターンも大きいです。

勝てると思った時にレイズをするのが基本です。相手をビビらせてフォールドさせる「ブラフレイズ」もありますが、初心者の方にはむずかしいかもしれません。

ただし、レイズしないと勝てない場面が多いのも事実。状況を見極めてレイズをしましょう。

コール

コールは簡単に言えば「とりあえず続行」です。ベットされた額と同じ額を賭けてゲームを続行することです。

基本的には弱気なアクションだと認識されています。

自分のハンドが強ければ、
レイズす
るはずです。

レイズせずにコールするということは、レイズするほど強くないということです(ブラフの可能性もありますが・・)

一概には言えませんが、基本は無難なプレーと思ってもらって構いません。「無難=良い」ではありませんので、注意。

コールする場面

コールのタイミング

①中途半端な強さの時
②ベットしたら獲得チップ量が減るとき

私はトーナメントやキャッシュゲームで、コールを多用しません。

自分の強さを
主張できない

チェックと同じ理屈です。積極的に良さを求めに行くアクションではありません。テーブルに参加するからには、自分が主導権を握ってゲームを進めたいですよね。

あえて弱く見せて相手を騙す手法もありますので、一概に悪手とは言えません。とはいえ、多用するアクションではないですね。

オールイン

自分の持っているチップを全額賭けることです。ポーカーというトランプゲームにおいて最強の攻撃です。

相手がオールインしてきたら、ほとんどの場合は強いハンドです。慎重にプレイすることをお勧めします。オールインの場面はだいたい、

①単純にハンドが強い場合
②自分の持つチップ量が極端に少なく、普通のプレーをしていたらジリ貧な場合


上の2つの場合がほとんどです。②に関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

①に関してはオールインでも良いのですが、「スロープレイ」という戦略もあります。相手のミスを狙う戦術です。

アマチュアもプロも採用するくらい有名です。下の記事で解説しています!

オールインするタイミング

見出し

①絶対に勝てるとき
②オールインしないと勝てないとき
③仕方なく

とりあえずオールインは最強の攻撃です。一方で、負けたら全財産を失うので、タイミングも限られます。

自分が勝てると思ったとき、それもオールインすることで獲得できるチップが最大になるときのみ、オールインが最適解になります。

また、オールインは消極的な理由でも行うアクションです。オールインしないと勝てないときや、ポットコミットの状態だとオールインです。

既にポットに多くのチップを賭けていて、ゲームから降りることができない状態を「ポットコミット」といいます。この状態のプレイヤーはフォールドしません。「引くに引けない」状態。

結論:アクションの特性を捉えて強くなろう!

以上がアクションの解説になります!

各アクションの具体的な行動、その意味を説明しました。アクションの意味を知ることは、相手のプレーを知ることと同義です。

アクションの特徴を知って、強くなりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました